宮崎日日新聞/県内

県産品台湾でPR 知事ら出発

 台湾との観光交流や宮崎牛など県産品の輸出を促進するため、県台湾訪問団(団長・河野知事)は13日、3泊4日の日程で現地へ出発した。


(全文は14日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】県台湾訪問団出発式に参加する河野知事(右)ら=13日午後、宮崎市・宮崎ブーゲンビリア空港
2017年12月13日 05時53分

市有7棟にアスベスト 宮崎市、含有建築材を確認

 宮崎市は12日、小学校の機械室や公民館の倉庫など、市有施設7棟でアスベスト(石綿)を含有する建築材の使用が確認されたと発表した。空気中のアスベスト粉じん濃度測定では、いずれの施設でも空気中への飛散は確認されなかった。


(全文は13日付朝刊または携帯サイトで)
2017年12月13日 11時00分

JR、県内3路線16本削減方針 県、中止求める

 JR九州(福岡市)は12日までに、来春のダイヤ改正に合わせて、日豊、日南、吉都の県内3路線で普通列車を少なくとも計16本削減し、運行区間も一部で短縮する方針を固めた。同時に、車掌を乗せないワンマン運転を宮崎-鹿児島中央間の特急「きりしま」で導入する。同社は県に改正内容を説明したが、県側は減便対象となる範囲の広さや本数の多さから「県民生活への影響が大きい」として、実施中止を強く求めた。改正内容は今週中にも正式発表する見通し。


(全文は13日付朝刊または携帯サイトで)
2017年12月13日 08時05分

M-1王者とろサーモン凱旋 空港でセレモニー

 漫才日本一を決めるコンクール「M-1グランプリ2017」で優勝した宮崎市出身の漫才コンビ「とろサーモン」の祝賀セレモニーが12日、同市の宮崎ブーゲンビリア空港であった。テレビ番組収録のため帰郷した2人の「凱旋(がいせん)」を祝おうと開催。オアシス広場に敷かれた「レッドカーペット」を歩く村田秀亮(ひであき)さん(38)と久保田和靖(かずのぶ)さん(38)を、空港利用客やファンら約250人が温かい拍手で迎え、快挙をたたえた。


(全文は13日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】祝賀セレモニーであいさつする「とろサーモン」の村田さん(左)と久保田さん=12日午後、宮崎市・宮崎ブーゲンビリア空港
2017年12月13日 08時04分

ビタミンピーマン本格全国展開 JA宮崎経済連

 JA宮崎経済連は13日から、本県ブランドの「みやざきビタミンピーマン」を、ピーマンで全国初となる「栄養機能食品」として販売する。健康に良いビタミンCの効能を打ち出すことで、他産地と差別化し、認知度向上と農家の所得向上につなげる。


(全文は13日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】みやざきビタミンピーマンの販売開始を前に、知事にピーマンを贈呈した泥谷委員長=12日午後、県庁
2017年12月13日 08時03分

和食合う県産キャビア 新ブランドきょう発売

 「宮崎キャビア1983」を製造・販売する「ジャパンキャビア」(坂元基雄社長)は県産キャビアの新ブランド「キャビアピュア」を13日に発売する。中国・上海への輸出も予定し、アジアをはじめとする世界市場をにらむ。


(全文は13日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】県産キャビアの新ブランド「キャビアピュア」
2017年12月13日 08時02分

苦難乗り越え3年目 川南でイチゴ収穫

 県内有数のイチゴ産地である児湯郡の尾鈴地区で県認定ブランド「みやざきフレッシュいちご」の収穫が始まった。就農3年目の“駆け出し”農家の黒木達郎さん(33)=川南町川南=も早朝から作業に追われている。


(全文は13日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】妻千明さん(左)と二人三脚でイチゴの収穫に当たる黒木さん=川南町川南
2017年12月13日 08時01分

技能五輪入賞者が知事表敬

 23歳以下の若者がものづくりの技術を競う、技能五輪全国大会(栃木県、11月24~27日)で入賞した本県代表の4人は12日、県庁で河野知事を表敬訪問した=写真。


(全文は13日付朝刊または携帯サイトで)
2017年12月12日 09時10分

干し大根たくあん血圧降下作用期待 県と宮大など研究

 宮崎市田野町などで生産される干し大根のたくあんに、血圧を下げる効果が期待できることが、県と宮崎大などの共同研究で明らかになった。本県の冬の風物詩になっているやぐらでの天日干しの過程で、血圧降下作用のある成分が増えるという。塩分によって血圧を高めると考えられてきた干し大根たくあんの機能性が確かめられれば、農家の高齢化などで生産量が減少している県産干し大根のイメージ向上にもつながりそうだ。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)
2017年12月12日 11時00分

日南市税、計58万円不明 事件性含め内部調査へ

 日南市は11日、市民7人が納めた住民税や固定資産税など五つの税目の市税計58万2800円が不明になっていると発表した。同市は事務処理上のミスや電算処理の不具合のほか、事件性も視野に内部調査を進める。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)
2017年12月12日 08時11分

歌や声援、選手後押し 青太マラソン

 宮崎市のKIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園を主会場に、10日に開かれた第31回青島太平洋マラソン(国際青島太平洋マラソン大会実行委員会、宮崎陸上競技協会主催)と第26回視覚障害者マラソン宮崎大会(県視覚障害者福祉協会主催)。沿道では今年も多くの県民が選手へ声援を送り、高校生ら約3600人のボランティアは給水や合唱で後押しした。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】ランナーに声援を送るボランティア=10日午後、宮崎市青島
2017年12月12日 08時10分

日向市もホストタウン 東京五輪

 2020年東京五輪・パラリンピックに参加する海外選手らと地域住民との交流を促進する「ホストタウン」構想で政府は11日、第5次登録の審査結果を発表した。本県からは日向市が米国を相手国に登録された。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)
2017年12月12日 08時09分

宮崎市職員、飲酒自粛 1週間、酒気帯び摘発で

 宮崎市は11日、職員が酒気帯び運転疑いで県警に摘発されたことを受け、17日までの1週間、担当課の忘年会など職場単位の飲み会で飲酒しないよう全職員に呼び掛けた。市が部局長を対象に11日、臨時の市綱紀委員会を開き、決定した。個人的な飲み会での飲酒は禁止していない。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)
2017年12月12日 08時08分

宮崎大塚フレンズ初V 宮日ジュニアソフト

 第8回宮日ジュニアソフトボール大会(宮崎日日新聞社など主催)最終日は10日、宮崎市の清武総合運動公園多目的グラウンドで行われた。学年制限なしのAクラスは、好投手を軸に勝ち上がった宮崎大塚フレンズが初の頂点。Bクラス(女子は学年制限なし、男子は5年生以下)は、女子チームの延岡マリーンズが3年ぶり3度目の栄冠を手にした。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】初優勝を果たした宮崎大塚フレンズの選手ら=10日午後、宮崎市清武町・清武総合運動公園
2017年12月12日 08時07分

大根やぐら作業本格化 宮崎市田野

 宮崎市田野町などで、冬の風物詩「大根やぐら」に大根を干す作業が本格化している。同市田野総合支所農林水産課によると、同町内は毎年250基ほど設置される。大根は「鰐塚おろし」の寒風にさらされ、漬物などとして出荷される。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】冷たい風の中、宮崎市田野町では組み上がったやぐらに大根を干す作業が本格化している=11日午後
2017年12月12日 08時06分

爆音海岸にとどろく 190年前の大筒射技再現

 約190年前に延岡市の方財海岸で行われた大筒射技演武が10日、同所で再現された。明治大所蔵の旧延岡藩主・内藤家文書の中の絵図「延岡宝財嶋玉町之図」に描かれているものを基に再現したもので、方財小(内村浩二郎校長、46人)の児童や市民ら約500人が演武に見入った。


(全文は携帯サイトで)
2017年12月11日 08時01分

道路に寝ていた男性ひかれ死亡 日向

 10日午前3時ごろ、日向市上町の市道に寝ていた兵庫県神戸市東灘区、会社員成田裕貴さん(31)が、日向市細島、本部三則さん(67)の運転するタクシーにひかれた。成田さんは頭などを強く打ち、搬送先の延岡市内の病院で約5時間後に死亡した。


(全文は携帯サイトで)
2017年12月11日 08時00分

師走の日向路駆ける 青島太平洋マラソン

 第31回青島太平洋マラソン(国際青島太平洋マラソン大会実行委員会、宮崎陸上競技協会主催)は10日、宮崎市のKIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園を主会場に開かれた。フルマラソン、10キロ、3キロの全3種目に県内外から約1万2千人が出場。小雨がぱらつく中、沿道に詰め掛けた県民の声援を受け、師走の日向路を駆け抜けた。


(全文は12日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】約1万2000人のランナーが日向路を駆け抜けた青島太平洋マラソン=10日午前、宮崎市・宮崎南バイパス
2017年12月10日 06時30分

県内火災多発459件 冬本番注意、空気乾燥し暖房使用

 県内で今年、11月末までに発生した火災件数は459件(速報値)に上り、昨年1年間(399件)を既に60件上回っていることが、各消防本部・消防局などへの取材で分かった。死者数も15人と昨年1年間(14人)を超えており、このうち11月は、宮崎市内の住宅火災2件で3人が亡くなっている。これから冬場で暖房器具などの使用により火災の危険性がさらに高まるとして、消防関係者は注意を呼び掛けている。


(全文は10日付朝刊または携帯サイトで)
2017年12月10日 11時00分

真幸駅関係者喜ぶ 肥薩線「20世紀遺産」

 有識者でつくる国際記念物遺跡会議(イコモス)の国内委員会は9日までに、後世に残したい「日本の20世紀遺産20選」として、本県と熊本、鹿児島県を走るJR肥薩線や、日本で最初に開業した東海道新幹線、明治以降の建築で初めて国宝になった東京都の迎賓館赤坂離宮などを選んだ。また、20選の番外として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている原爆ドームの関連施設、広島平和記念資料館と平和記念公園も選定された。


(全文は10日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】「日本の20世紀遺産20選」に選定されたJR肥薩線が通る真幸駅=9日午後、えびの市内竪
2017年12月10日 08時02分