宮崎日日新聞/県内

40年推計、本県高齢世帯48.7% 独居老人も増加

 国立社会保障・人口問題研究所(社人研)は19日、都道府県別の「日本の世帯数の将来推計」を公表した。本県は2040年に全世帯に占める高齢者世帯の割合が48・7%と半数に迫り、このうち、1人暮らしの割合は41・7%。県や高齢者団体の関係者からは、孤独死の増加や医療・介護など社会保障サービスの維持を懸念する声が上がった。


(全文は20日付朝刊または携帯サイトで)
2019年04月20日 11時00分

川南町長選21日投開票 宮崎など14市町村議も

 任期満了に伴う川南町長選と14市町村議選は21日、投開票される。統一地方選の締めくくりで、各市町村では人口減少対策などを争点に、激しい選挙戦が展開されている。前半戦の県議選(7日投開票)で過去最低の39・76%と低迷した投票率の行方も注目される。投票は午前7時~午後8時(一部繰り上げ)に行われ、即日開票される。立候補者が最も多い宮崎市議選は、22日午前1時ごろ開票結果が確定する見込み。


(全文は20日付朝刊または携帯サイトで)
2019年04月20日 08時05分

口蹄疫発生から9年、警戒続く 県演習、危機意識を共有

 家畜29万7808頭の命が奪われ、県内に大きな爪痕を残した口蹄疫の発生から、20日で丸9年を迎えた。本県は再生への歩みを進めているが、韓国では1月下旬から口蹄疫が続発、国内では豚コレラが発生するなど、県内へのウイルス侵入のリスクが高まっている。県は19日、口蹄疫防疫演習を実施し、関係機関と危機意識を共有した。


(全文は20日付朝刊または携帯サイトで)
2019年04月20日 08時04分

花畑にありがとう平成 木城温泉館「湯らら」

 木城町高城の木城温泉館「湯らら」に隣接する花畑に、花を並べて作った「ありがとう平成」の文字が登場した。5月1日に控える改元を前に、平成への思いを表そうと同館が企画。同月初旬まで楽しめる。


(全文は20日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】木城温泉館「湯らら」の花畑に作られた「ありがとう平成」の文字=19日午前、木城町・木城温泉館「湯らら」(ドローンで撮影)
2019年04月20日 08時03分

独陸連10月本県キャンプ中止 五輪前は予定通り

 県は19日、ドイツ陸上競技連盟が2020年東京五輪に向け、本県で今年10月に行う予定だった事前キャンプが、中止になったと発表した。20年7月の直前キャンプについては、予定通り実施される。


(全文は20日付朝刊または携帯サイトで)
2019年04月20日 08時02分