パンドラの憂鬱

海外「もうやだこの国!」 ナチスの象徴への過剰な反応にドイツ国内で呆れの声が殺到

ドイツ南西部の町、レーッフィンゲンにあるタズマニア遊園地が先日、7月に導入した「アドラーフルク(空飛ぶワシ)」というアトラクションに対し、「鉤十字」が回転しているように見えるという苦情が寄せられたため、運転停止とデザインの変更を決定した事を発表しました。ドイツでは学問的な理由を除き、鉤十字などの展示や掲示が禁止されており、これに違反すると最大で禁錮3年の刑を科せられる可能性があります(ただし個人での
2019年08月24日 11時00分

海外「韓国は一線を超えた」 韓国政府による軍事情報協定破棄に非難の声が殺到

韓国政府は22日、日本と韓国の軍事情報包括保護協定、「GSOMIA」を破棄することを発表しました。破棄の理由について大統領府関係者は、「日本は根拠の説明もなしに、安保上の問題が発生した事を理由に、 一方的に韓国を輸出優遇国から除外した。 日本は我々を安保面の友好国と見なしておらず、 安保協力の根幹を揺さぶる行為と認識した」と説明しています。GSOMIA破棄決定に関し安倍総理は23日午前、「韓国側が国と国との信頼関
2019年08月23日 11時00分

中国「日中の未来は明るいぞ!」 河野大臣のツイートと日本人の反応に中国人がほっこり

日中韓外相会談のため北京を訪問されていた河野太郎外相が20日、昨年1月以来となる中国の華春瑩報道局長とのセルフィーを公開しました。この写真は中国のネット上でも大きな話題となっており、中国メディアは写真とともに、日本のツイッターユーザーが投稿した、「華春瑩さん、笑顔がステキ」「悔しいですが、美人ですよね。さすが中国の報道官」「あらー、美女」「この人の笑顔って、なんかいいよね」「日中友好支持」などの好意
2019年08月22日 11時00分

海外「世界に日本があって良かった」 日本の支援が尋常じゃない早さだとミャンマーで話題に

この時期、モンスーン豪雨による大規模な洪水が発生し、毎年のように甚大な被害に見舞われているミャンマー。今月もミャンマー各地で大小の洪水が起きており、8日にはヤンゴンの北方で、町一帯が湖のようになる大洪水が発生しました。それを受け、日本は300トンのお米の提供を決定。12日にはすでにミャンマー国内に届けられており、そのことがミャンマー国民に驚きと感動を与えています。関連記事には多くの反応が寄せられていまし
2019年08月21日 11時00分

海外「私たちは韓国とは違う!」 日本に謝罪を求める比団体にフィリピン人から怒りの声が殺到

第二次世界大戦中に日本軍の慰安婦にされたと主張する女性と、女性団体「リラ・ピリピーナ」に所属する支援者など約20人が先日、マニラ市内にある大統領府の近くに集まり、日本政府に対して謝罪と賠償を求める集会を行いました。「リラ・ピリピーナ」は声明で、あいちトリエンナーレ内の企画展、「表現の不自由展・その後」が中止になったことにも触れ、「安倍政権下で日本人の基本的人権が脅かされているだけではなく、 正義を希
2019年08月20日 11時00分