パンドラの憂鬱

海外「日本がもっと大好きになった!」 日本の大使の人柄がアルゼンチンの人々を虜に

1816年7月9日にスペインから独立したアルゼンチン。独立当時はリオ・デ・ラ・プラタ連合州と呼ばれていましたが(スペイン語で「銀の川」という意味)、スペインによる圧政を忘れるためにスペイン語由来をやめ、ラテン語の「銀」に由来する現在の国名に変更しています(現在も憲法には正式国名として「リオ・…」も明記されている)。先日7月9日は独立宣言を行った記念日で、アルゼンチンにとって最も重要な祝日の1つ。当日はロクロ
2020年07月16日 11時00分

海外「やっぱ日本は正しかった」 ようやく日本の対応の正しさに気づいたWHOに非難の声

WHOは9日、新型コロナウイルスの感染経路に関して新たな指針を示し、空気中を漂う微粒子「エアロゾル」を介した感染が、一部で発生している可能性があることを認めました。米国最大のテレビネットワーク、CBSはそのことを受けて、「日本はかなり前からエアロゾル感染を認識していた」というタイトルの記事を配信しています。記事はまず、日本がエアロゾル感染があるとの仮定のもと、ここ数ヶ月にわたって対応を行ってきたことを紹
2020年07月15日 11時00分

海外「日本が公平だった証拠だ!」 ゴーン被告の最新の発言が酷すぎると仏で話題に

会社法違反罪などで起訴されているカルロス・ゴーン被告が先日、中東の衛星テレビ、アルアラビーヤのインタビューに応じ、自身の逃亡に協力したとされる米国人容疑者2人に関して、「話せないが、助けてくれた人々に借りがある。 出来る限りの方法で助ける」と述べました。また日本での逮捕については日本側の「陰謀」だと改めて主張。その際のフランス側の対応についても言及しているのですが、「私への政府の支援は、フランスの
2020年07月14日 11時00分

米国「俺も日本に戻りたい」 在日アメリカ人が嘆く日本から見た米国の惨状が話題に

今年の11月3日に行われる大統領選挙を前に、新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大、警官隊と市民の対立、差別問題、暴動、社会の分断など、諸問題に揺れるアメリカ。そのような中で、日本に暮らす兄を持つ、とあるアメリカ人女性の投稿が反響を呼んでいます。「昨日の夜、現在日本で暮らしている兄と 今アメリカ各地で起きてる出来事について話し合いました。 その時に彼はこう言ったんです。 『日本からアメリカという国を眺
2020年07月13日 11時00分

海外「世界よ、これが日本だ」 日本の警察官が取った行動に海外から感動の声が殺到

春から初夏にかけて各地で見られるようになり、メディアでも度々取り上げられるカルガモ親子のお引っ越し。そもそもなぜカルガモは引っ越しをするのかと言うと、まずカルガモは春の繁殖期に産卵をすると、天敵に見つからないよう巣を水辺付近の草むらなどに作ります。卵から孵った雛たちには当然餌が必要ですが、カルガモの親は超スパルタ。雛たちは自力で餌を見つけて食べなくてはいけないため、餌の確保に適した場所に移動する必
2020年07月12日 11時00分